コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼ミョウバン(明礬) やきみょうばん

1件 の用語解説(焼ミョウバン(明礬)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

焼ミョウバン(明礬)【やきみょうばん】

化学式はKAl(SO42またはK2SO4・Al2(SO43。枯礬(こばん)とも。ミョウバンを160℃以下で熱して得られる無色の粉末。
→関連項目カリミョウバン(明礬)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

焼ミョウバン(明礬)の関連キーワード海泡石ゲラニオールコカイン硝酸鉄芒硝硫化亜鉛硫酸鉄硫化鉄ルイサイト焼明礬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone