焼ミョウバン(明礬)(読み)やきみょうばん

百科事典マイペディアの解説

化学式はKAl(SO42またはK2SO4・Al2(SO43。枯礬(こばん)とも。ミョウバンを160℃以下で熱して得られる無色の粉末。比重1.97。ミョウバンより収斂(しゅうれん)性が強く,消毒剤として用いられる。
→関連項目カリミョウバン(明礬)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android