コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼入油 やきいれゆquenching oil

1件 の用語解説(焼入油の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やきいれゆ【焼入油 quenching oil】

鉄鋼その他の金属の焼入れ焼戻しなどの熱処理用の鉱油。JISでは熱処理油として表のように規定されている。表中,焼入れ硬化しやすい材料とは高炭素鋼,合金鋼などをいい,また焼入れ硬化しにくい材料とは低炭素鋼などをいう。1種2号は1種1号にくらべて冷却速度が大きいことが要求されている。すなわち規定では,銀棒を使った冷却性能試験で800℃から400℃までの冷却所要時間が,1種1号では5秒以下に対し,1種2号では4秒以下となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone