コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼入油 やきいれゆ quenching oil

1件 の用語解説(焼入油の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やきいれゆ【焼入油 quenching oil】

鉄鋼その他の金属の焼入れ焼戻しなどの熱処理用の鉱油。JISでは熱処理油として表のように規定されている。表中,焼入れ硬化しやすい材料とは高炭素鋼,合金鋼などをいい,また焼入れ硬化しにくい材料とは低炭素鋼などをいう。1種2号は1種1号にくらべて冷却速度が大きいことが要求されている。すなわち規定では,銀棒を使った冷却性能試験で800℃から400℃までの冷却所要時間が,1種1号では5秒以下に対し,1種2号では4秒以下となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

焼入油の関連キーワード高張力鋼フィアット焼戻しリベット錆止め試金鍍金焼入れ炉ラムプリタイトヴォルタ効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone