コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼入油 やきいれゆquenching oil

世界大百科事典 第2版の解説

やきいれゆ【焼入油 quenching oil】

鉄鋼その他の金属の焼入れ焼戻しなどの熱処理用の鉱油。JISでは熱処理油として表のように規定されている。表中,焼入れ硬化しやすい材料とは高炭素鋼,合金鋼などをいい,また焼入れ硬化しにくい材料とは低炭素鋼などをいう。1種2号は1種1号にくらべて冷却速度が大きいことが要求されている。すなわち規定では,銀棒を使った冷却性能試験で800℃から400℃までの冷却所要時間が,1種1号では5秒以下に対し,1種2号では4秒以下となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

焼入油の関連キーワードナタネ(菜種)油メンヘーデン油菜種油

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android