コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼成リン肥 しょうせいりんぴ calcined phosphate

2件 の用語解説(焼成リン肥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焼成リン肥
しょうせいりんぴ
calcined phosphate

リン鉱石にケイ砂,硫酸ナトリウムソーダ灰,リン酸などの添加剤を加えて焼成した肥料。灰褐色の粉末で,水溶性リン酸を含まないやや遅効性の肥料で酸性土壌火山灰土壌などに適している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焼成リン肥
しょうせいりんぴ

溶融に至らない温度でリン鉱石を加熱処理(焼成)した種々のリン酸肥料の総称。リン鉱石中のリン酸は安定なフッ素リン灰石の構造をしており、そのままでは作物にはほとんど吸収、利用されないので、肥料として使用するためには酸を作用させたり熱したりして構造を破壊する必要がある。リン鉱石に各種原料(ソーダ灰=無水炭酸ナトリウム、珪砂(けいさ)など)を混合、焼成して製造する。現在製造されている焼成リン肥のおもなものは、リン鉱石中のフッ素を他の化合物に変化させたレナニアリン肥と、リン鉱石中のフッ素を除去した脱フツリン酸三石灰の2種類である。水溶性リン酸を含まない緩効性の肥料で、2%のクエン酸水溶液に溶けるク溶性リン酸を34~38%含む。加工リン酸肥料および混合リン酸肥料の原料であり、飼料としても使用される。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焼成リン肥の関連キーワード次亜硫酸ナトリウムソーダチオ硫酸ナトリウム亜硫酸ソーダ亜硫酸ナトリウム珪酸ナトリウム曹達ルブラン法ドデシル硫酸ナトリウムコストラ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone