焼肉ドラゴン(読み)やきにくどらごん

知恵蔵miniの解説

焼肉ドラゴン

2008年に新国立劇場と韓国の「芸術の殿堂」(ソウル・アート・センター)の共同で製作された演劇作品。高度経済成長期の1970年代に関西の地方都市の一角で小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む6人家族の力強く生きる姿を描く。日韓両国の俳優らによる演技が評価され、「第8回朝日舞台芸術賞」グランプリなどを受賞した。2018年1月、舞台の演出を務めた鄭義信(チョンウィシン)を監督とする映画化が進んでいることが明らかになった。同年初夏に全国で公開される予定。真木よう子井上真央、桜庭ななみ、大泉洋らが出演する。

(2018-1-18)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼肉ドラゴンの関連情報