コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼酎の種類

1件 の用語解説(焼酎の種類の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

焼酎の種類

キンミヤなどの「甲類焼酎」は、サトウキビなどを原料にした糖蜜を繰り返し蒸留してアルコールの純度を高め、原料の風味を取り除いたもの。酎ハイなどに使われる。蒸留器を連続稼働させることで低コストでの大量生産ができる。これに対して、「本格焼酎」(乙類焼酎)は、原料の芋や麦の風味を残すため、蒸留回数を1回にとどめる。

(2010-05-02 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焼酎の種類の関連キーワード焼酎製糖酎ハイ乙類焼酎甲乙混和焼酎甲類焼酎焼酎甲類混和焼酎焼酎甲類と焼酎乙類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

焼酎の種類の関連情報