コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼酎甲類と焼酎乙類

1件 の用語解説(焼酎甲類と焼酎乙類の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

焼酎甲類と焼酎乙類

酒税法では、製造方法によって焼酎を甲類、乙類に分類している。甲類は粗留アルコールなどを連続式の蒸留機で純度の高い原料用アルコールにし、水で薄めたもの。無色透明で癖のない味わいが特徴。乙類はいわゆる「本格焼酎」。イモ、コメ、麦などの原料と麹(こうじ)でできたもろみ単式蒸留機に入れてつくる。蒸留の方法がシンプルで、原料独特の風味が出る。

(2006-03-07 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焼酎甲類と焼酎乙類の関連キーワード焼酎租税法酒類酎ハイ甲乙混和焼酎甲類焼酎酒造税焼酎甲類混和焼酎日本の焼酎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone