コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼酎甲類・しようちゆう甲類(読み)しょうちゅうこうるい

大辞林 第三版の解説

しょうちゅうこうるい【焼酎甲類・しようちゆう甲類】

焼酎の区分の一。芋や糖蜜などを原料として発酵させて、連続式蒸留機で蒸留したものを、アルコール度数36度未満に加水調整した酒。無色透明でくせのない味を持つ。酒税法による区分。単に甲類とも。 → 焼酎乙類

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android