コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煌煌し きらきらし

1件 の用語解説(煌煌しの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きらきらし【煌煌し】

( 形シク )
〔古く「きらぎらし」とも〕
光り輝いている。きらめいている。 「茎はいと赤く-・しく見えたるこそ/枕草子 40
輝くばかりに美しい。華やかに美しい。 「腰細のすがる娘子おとめのその姿かおの-・しきに花の如ごと笑みて立てれば/万葉集 1738
威容がある。 「 - ・しきもの、大将の御さき追ひたる/枕草子 259
目立っている。きわだっている。 「元来心弱くつたなくして-・しき罪をも之作らず/発心 7

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone