コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煙る・烟る けぶる

2件 の用語解説(煙る・烟るの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

けぶる【煙る・烟る】

( 動五[四] )
〔「けむる」の古形〕
けむる(煙) 」に同じ。 「広い部屋が一面に-・つて居る/続風流懺法 虚子
輪郭がかすんで、ほのかにみえる。かすんで美しくみえる。 「眉のわたりうち-・り/源氏 若紫
火葬にされて、煙となって上る。 「 - ・りにし人を桶火おけびの灰によそへて/和泉式部集」

けむる【煙る・烟る】

( 動五[四] )
〔古くは「けぶる」〕
火がよく燃えずに煙ばかりが盛んに出る。くすぶる。 「薪まきが-・る」 「山ぎはに結ぼほれたるけぶり-・らば/和泉式部集」
煙が立ちこめたようにかすんで見える。 「春雨に-・る京都東山」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone