コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煙草・莨 タバコ

大辞林 第三版の解説

タバコ【煙草・莨】

ナス科の多年草。温帯では一年草。南アメリカ原産で、日本には慶長年間(1596~1615)に移入された。現在、世界の熱帯・温帯で広く栽培する。全体に軟毛があり、高さ2メートル 内外。葉は互生し大形の卵形で、先がとがる。夏、茎頂に淡紅色または黄色の花を総状につけ、卵形の蒴果を結ぶ。葉はニコチンを含み、乾燥させて喫煙用に加工し、また煎汁は殺虫剤となる。
(「煙草」「莨」とも書く)喫煙に供するため、の葉を乾かし発酵させて作った嗜好品。紀元前から中央アメリカで用いられ、コロンブス一行によりヨーロッパに伝えられた。日本へは近世初頭に南蛮船によってもたらされた。紙巻タバコ・刻みタバコ・嗅ぎタバコ・嚙みタバコ・葉巻などの種類がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

煙草・莨の関連キーワード紙巻タバコ嗅ぎタバコ刻みタバコニコチン一年草ナス科殺虫剤多年草紀元前南蛮船嗜好品喫煙卵形温帯煎汁総状

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android