煽てと畚には乗りやすい(読み)おだてともっこにはのりやすい

大辞林 第三版の解説

おだてともっこにはのりやすい【煽てと畚には乗りやすい】

〔「もっこ」はむしろや網の四隅を綱でまとめ、棒を通して石や土を運ぶ道具〕
おだてられるとその気になりやすいことのたとえ。おだてと畚は馬鹿が乗る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android