熊井文海

美術人名辞典の解説

熊井文海

文雅家・俳人。名は祇天、文海又は大艸園と号する。五仲庵有節門人。娘照女は大艸園二世を称して伏見街道に住した。明治12年(1879)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android