コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊本大空襲

1件 の用語解説(熊本大空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

熊本大空襲

1945年7月1日午後11時50分から2日午前1時半にかけて、米軍の爆撃機B29が熊本市上空から焼夷(しょうい)弾を投下。水前寺、大江地、新市街地区など、市内約3分の1を焼失した。熊本市などによると、死者469人、けが人552人、1万戸以上が被害に遭ったといわれている。

(2012-07-02 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊本大空襲の関連キーワード五夜四時立会時間宇都宮空襲静岡大空襲東北空襲多部制の定時制高校久留米競輪場阪神・別府航路金星太陽面通過

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊本大空襲の関連情報