熊本県上益城郡御船町(読み)みふね〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕御船〈町〉(みふね〈まち〉)


熊本県中部、熊本平野南東端、阿蘇(あそ)の外輪山山麓に位置し、緑川支流の御船川に沿う町。上益城(かみましき)郡
かつては酒造業の町として繁栄。林業稲作と馬・牛の畜産が盛ん。九州自動車道インターチェンジがあり、周辺では宅地化も進展。1990年(平成2)に肉食恐竜の化石(ミフネリュウ)が発見され、標本御船町恐竜博物館に展示されている。甲斐宗運(かいそううん)の居城であった御船城跡は城山公園となっている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android