熊本県下益城郡美里町(読み)みさと〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕美里〈町〉(みさと〈まち〉)


熊本県中央にある町。宇城市の東、八代市の北に位置する。下益城(しもましき)郡
2004年(平成16)11月、同郡の中央町砥用(ともち)町が合併して成立。南部には九州山地の山々が連なり、北東部に緑川が流れる。農林業が盛んで、稲作のほか、メロン・イチゴ・サトイモ・茶・葉タバコなどの栽培が行われる。町北東部の緑川ダム周辺は、キャンプ場などを備え行楽地として人気。国指定の重要文化財である霊台(れいだい)橋など、30を超す石橋がある。南西部の八代市泉町にある釈迦院に通じる御坂(みさか)遊歩道は、3333段を誇る日本一の石段で知られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android