コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊本県山鹿市 やまが〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕山鹿〈市〉(やまが〈し〉)


熊本県北部の市。
菊池川中流域とその北に広がる支流域を占め、北部は福岡県に接する。2005年(平成17)1月、旧・山鹿市と鹿本郡の鹿北町、菊鹿町、鹿本町、鹿央町と合併して現在の姿となる。九州自動車道、国道3号線などが通じる。中心部は江戸時代から温泉町・河川交通の拠点の宿場町として栄え、現在も山鹿温泉・熊入(くまいり)温泉などの温泉が湧く。鹿本町来民(くたみ)地区は近世の市場町。肥後米・鹿北米などの良質米で知られる稲作と、スイカ・メロン・クリ・シイタケ・葉タバコなどの栽培、畜産が盛ん。北部山間部ではスギやヒノキの林業が行われる。電機・食品・窯業などの工場が立地。藩政時代からの特産品として、鹿本町の来民渋(しぶ)うちわがある。鍋田横穴・チブサン古墳・県下最大級を誇る岩原(いわばる)古墳群など、国指定の史跡が多い。和紙と糊(のり)でつくられた山鹿灯籠(とうろう)を頭上に載せて練り歩く灯籠まつりは夏の風物詩。菊鹿町は国の特別天然記念物アイラトビカズラの自生地として知られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

熊本県山鹿市の関連キーワード熊本県山鹿市菊鹿町上永野熊本県山鹿市鹿本町中分田熊本県山鹿市菊鹿町上内田熊本県山鹿市鹿央町梅木谷熊本県山鹿市鹿本町御宇田熊本県山鹿市菊鹿町五郎丸熊本県山鹿市菊鹿町下内田熊本県山鹿市鹿本町下高橋熊本県山鹿市鹿本町下分田熊本県山鹿市鹿央町仁王堂熊本県山鹿市菊鹿町下永野熊本県山鹿市菊鹿町阿佐古熊本県山鹿市鹿本町津袋熊本県山鹿市鹿本町高橋熊本県山鹿市鹿本町中川熊本県山鹿市鹿本町中富熊本県山鹿市菊鹿町太田熊本県山鹿市菊鹿町宮原熊本県山鹿市菊鹿町矢谷熊本県山鹿市菊鹿町松尾

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊本県山鹿市の関連情報