コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊本県水俣市 みなまた〈し〉

1件 の用語解説(熊本県水俣市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕水俣〈市〉(みなまた〈し〉)


熊本県南西部の市。
八代(やつしろ)海に面し、南部は鹿児島県に接する。JR九州新幹線・第3セクター肥薩おれんじ鉄道が通じる。1908年(明治41)、日本窒素肥料(現チッソ)のカーバイド工場が開設され、関連工場をあわせ化学工業都市に発展。50年代中ごろから工場廃水による水俣病が発生、社会問題となった。国立水俣病総合研究センターがあり、水俣病やその原因となったメチル水銀に関する調査・研究が続けられている。チッソ水俣工場のほか、電機・製材などの工場がある。甘夏・ミカン・茶の栽培が盛ん。湯ノ児(ゆのこ)温泉・湯ノ鶴温泉が湧く。徳富蘇峰(とくとみそほう)・徳冨蘆花(とくとみろか)兄弟の出身地で、生家や水俣市立蘇峰記念館がある。2008年(平成20)7月、環境モデル都市に認定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊本県水俣市の関連キーワード日奈久温泉八代市八代八代海水俣八代貝八代草八代焼八代蜜柑上野藤四郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊本県水俣市の関連情報