熊本県玉名市(読み)たまな〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕玉名〈市〉(たまな〈し〉)


熊本県北西部の市。
菊池川下流域を占め、有明(ありあけ)海(島原湾)に臨む。2005年(平成17)10月、旧・玉名市と玉名郡の岱明町、横島町、天水町と合併して現在の姿となる。JR鹿児島本線が通じる。中心となる高瀬地区は菊池川の河港から発展。南西部の干拓地は江戸時代初期以降に造成されたもの。稲作のほか、トマト・イチゴ・ミカン・メロンの栽培、有明海での海苔(のり)・アサリの養殖が盛ん。印刷・食品・金属などの工場がある。石貫(いしぬき)ナギノ横穴群・石貫穴観音横穴(いずれも国指定史跡)など、古墳が多い。玉名温泉・夏目漱石(なつめそうせき)の小説『草枕』の舞台となった小天(おあま)温泉がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊本県玉名市の関連情報