熊本県玉名市(読み)たまな〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕玉名〈市〉(たまな〈し〉)


熊本県北西部の市。
菊池川下流域を占め、有明(ありあけ)海(島原湾)に臨む。2005年(平成17)10月、旧・玉名市と玉名郡の岱明町、横島町、天水町と合併して現在の姿となる。JR鹿児島本線が通じる。中心となる高瀬地区は菊池川の河港から発展。南西部の干拓地は江戸時代初期以降に造成されたもの。稲作のほか、トマト・イチゴ・ミカン・メロンの栽培、有明海での海苔(のり)・アサリの養殖が盛ん。印刷・食品・金属などの工場がある。石貫(いしぬき)ナギノ横穴群・石貫穴観音横穴(いずれも国指定史跡)など、古墳が多い。玉名温泉・夏目漱石(なつめそうせき)の小説『草枕』の舞台となった小天(おあま)温泉がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊本県玉名市の関連情報