コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊本県葦北郡津奈木町 つなぎ〈まち〉

1件 の用語解説(熊本県葦北郡津奈木町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕津奈木〈町〉(つなぎ〈まち〉)


熊本県南西部、八代(やつしろ)海に臨む町。葦北(あしきた)郡
ナツミカンミカンなど柑橘(かんきつ)類の栽培が主産業。リアス式海岸の湾内はタイやフグ、ヒラメ養殖の好適地。第3セクターの肥薩おれんじ鉄道が通じ、南部に隣接する水俣市への通勤者が多い。1976年(昭和51)に建設された赤崎小学校は、校舎の一部が海にせり出た珍しい設計で知られたが、児童数の減少に伴い2010年(平成22)をもって閉校となった。津奈木川に架かる重盤岩(ちょうはんがん)眼鏡橋江戸時代に建造された石橋で、県指定の重要文化財

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊本県葦北郡津奈木町の関連キーワード日奈久温泉八代市八代八代海八代平野水俣八代貝八代草八代蜜柑八代[市]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊本県葦北郡津奈木町の関連情報