熊本県阿蘇郡南阿蘇村(読み)みなみあそ〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕南阿蘇〈村〉(みなみあそ〈むら〉)


熊本県北東部にある村。阿蘇(あそ)カルデラの南に位置し、一帯は阿蘇くじゅう国立公園に属する。阿蘇郡
2005年(平成17)2月、阿蘇郡の白水村、久木野村、長陽村が合併して成立。村の中央を白川(しらかわ)が流れ、川沿いに第3セクターの南阿蘇鉄道が通じ、阿蘇登山道路の起点をなす。また、村西北端の黒川沿いにはJR豊肥本線が通じる。稲作・肉牛飼育の畜産のほか、トマト・メロン・イチゴ・葉タバコなどを栽培。スギやヒノキの林業も行われる。環境省 名水百選に選定された白川水源など多数の湧水池がある。湯の谷温泉・地獄温泉・垂玉(たるたま)温泉が湧く。温泉・宿泊施設のある総合レジャー施設阿蘇ファームランド、野外劇場アスペクタなどの観光施設も整う。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android