コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊沢 寛道 クマザワ ヒロミチ

20世紀日本人名事典の解説

熊沢 寛道
クマザワ ヒロミチ

昭和期の天皇自称者 南朝系天皇の自称者。



生年
明治22(1889)年12月18日

没年
昭和41(1966)年6月11日

出生地
愛知県一宮市

出身地
愛知県名古屋市

別名
別名=熊沢天皇(クマザワテンノウ)

経歴
名古屋市千種区で洋品雑貨商を営む。敗戦後の昭和20年10月、自分は南朝の正統で現天皇はニセものと主張、米占領軍の機関紙「星条旗」や米週刊誌「ライフ」などに取り上げられて一躍国際的な話題となった。21年1月には天皇人間宣言が発表された折から、全国を講演旅行して熊沢天皇と呼ばれた。26年1月東京地裁に現天皇不適格確認の訴訟を起こしたが却下され、講和条約成立後は世間も落ち着いて一般の関心も薄れた。晩年は東京池袋の人生横町に間借りして「日本史の誤りを正す」著述に専念した。郷里の一宮市時之島には南朝遺話が多く、養父の熊沢大然も後亀山天皇の直系として明治政府に上奏、彼も戦前、上奏しては無視されたという。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

熊沢 寛道 (くまざわ ひろみち)

生年月日:1889年12月18日
昭和時代の自称「皇統継承者」
1966年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

熊沢 寛道の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android