熊谷 三太郎(読み)クマガイ サンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

熊谷 三太郎
クマガイ サンタロウ

大正・昭和期の実業家 熊谷組創業者。



生年
明治4年10月23日(1871年)

没年
昭和26(1951)年5月1日

出身地
福井県

旧姓(旧名)
藤原

経歴
明治31年郷里・福井県の京都電灯宿布発電所の土木工事を請け負い、以後水力発電所や鉄道敷設工事を手がける。飛島組役員を経て、昭和13年熊谷組を創立。この間、大正14年福井市議、昭和14年貴院議員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android