熊谷 宣夫(読み)クマガイ ノブオ

20世紀日本人名事典の解説

熊谷 宣夫
クマガイ ノブオ

昭和期の美術史家 元・九州芸術工科大学教授;元・東京国立文化財研究所第一研究室長。



生年
明治33(1900)年9月2日

没年
昭和47(1972)年10月15日

出生地
山形県鶴岡市

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部美学美術史学科〔昭和2年〕卒

学位〔年〕
文学博士(東北大学)〔昭和37年〕

経歴
昭和2年東京帝大文学部副手、5年帝国美術院附属美術研究所嘱託となり東洋美術文献総目録編纂事業に参加、「美術研究」に室町時代絵画に関する論文を発表。15年朝鮮総督府博物館嘱託となり、大谷探検隊が持って来た西域美術品の調査を行った。19年美術研究所に戻り、22年文部技官、26年美術研究所第一研究部長となり、27年改組により東京国立文化財研究所美術部第一研究室長、37年退官。38年育英工業専門学校教授、43年九州芸術工科大学教授となった。雪舟研究などで知られる。著書に「雪舟等楊」「西域の美術」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android