コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷了菴

1件 の用語解説(熊谷了菴の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

熊谷了菴

儒者。名は立閑、号は茘斎・新蕉軒。活水の子。京都の人。活水に師事。名古屋藩儒臣。著書に『新増首書大極図説』『新増首書四書大全』がある。貞享年中歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊谷了菴の関連キーワード生活水準活水水の尾水の面伊藤固庵熊谷活水熊谷茘斎小出永安藤倉元竜頼元鼎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone