コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷五右衛門(4代) くまや ごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷五右衛門(4代) くまや-ごえもん

1795-1860 江戸時代後期の豪商。
寛政7年7月11日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩御用達(ごようたし)の豪商。長崎におもむき,蘭医シーボルトから足の病気の治療をうけ,西洋事情をきく。そのおりショメールの「日用百科全書」やピアノなどをおくられ,藩に上納する。のち藩財政再建に協力。万延元年4月18日死去。66歳。名は義比(よしかず)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

熊谷五右衛門(4代)の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス史(年表)万延第二帝政ラトビアエッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android