コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野舟状海盆 くまのしゅうじょうかいぼん

1件 の用語解説(熊野舟状海盆の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕熊野舟状海盆(くまのしゅうじょうかいぼん)


紀伊(きい)半島南東沖、熊野灘(なだ)沖海底の窪地(くぼち)。東西約80km、南北約50kmにわたり水深約2000mの深海平坦(へいたん)面が広がる。東は第2渥美(あつみ)海丘を隔て天竜(てんりゅう)海底谷、南は第4志摩(しま)海丘などを越え南海(なんかい)舟状海盆(南海トラフ)に繋(つな)がる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊野舟状海盆の関連キーワードインドシナ半島紀伊山地紀伊半島熊野灘吉野熊野国立公園紀伊紀伊家東南海地震根室半島沖地震熊野[市]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone