コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野舟状海盆 くまのしゅうじょうかいぼん

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕熊野舟状海盆(くまのしゅうじょうかいぼん)


紀伊(きい)半島南東沖、熊野灘(なだ)沖海底の窪地(くぼち)。東西約80km、南北約50kmにわたり水深約2000mの深海平坦(へいたん)面が広がる。東は第2渥美(あつみ)海丘を隔て天竜(てんりゅう)海底谷、南は第4志摩(しま)海丘などを越え南海(なんかい)舟状海盆(南海トラフ)に繋(つな)がる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

熊野舟状海盆の関連キーワード南海トラフ海底谷海盆海丘

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android