コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熔岩樹型 ようがんじゅけいlava tree mold

岩石学辞典の解説

熔岩樹型

樹木の周りに形成された冷却された熔岩の殻[Shrock : 1948].(1) 流動性の大きな熔岩が森林地を流れる際に樹木を包囲して固結し,埋められた樹木が燃えた後にその型が熔岩の中に残された樹幹の形をした穴.(2) 樹幹の中に熔岩が侵入して樹幹が焼失するに従って熔岩がその部分を充填し,樹幹がそのままの形で固結している熔岩.(3) 熔岩流がさらに流れ下って表面が低下し,樹型をとどめた固結した部分が熔岩流の表面から突出して残ったもの[片山ほか : 1970,渡辺編 : 1935].英語でmouldと書く場合があるが,mouldとmoldは同じ.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

熔岩樹型の関連キーワード群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原群馬県吾妻郡嬬恋村浅間山熔岩樹樹木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android