コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熔岩湖 ようがんこlava lake

岩石学辞典の解説

熔岩湖

液状の熔岩を湛えている噴火口.この語は固化したものや部分的に固化したものも熔融した熔岩湖と同じに使用する[Perret : 1950].噴火口内の熔岩湖はマグマの圧力に応じて上下し,流動性のある熔岩を長く湛えていることが多い.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

熔岩湖の関連キーワードファイア・ファウンテインスクイーズ・アップベンチ・マグマエピマグマ熔岩環状丘ペレの毛湖マグマ白熱噴出

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android