コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熟・熟熟 つくづく

大辞林 第三版の解説

つくづく【熟・熟熟】

( 副 )
〔「つくつく」とも〕
深く考えたり、痛切に感じたりするさま。よくよく。 「 -(と)考えてみる」 「眼まなこを閉て-過越方すぎこしかたを想ひ返せば/滝口入道 樗牛
注意してものを見るさま。また、物事に熱心に集中するさま。じっと。 「 -(と)写真を見る」 「お藤さんは-と聞き惚れて/続風流懺法 虚子
なすこともなく物さびしげなさま。 「 -とふしなやみ給ふを/源氏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android