コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱気球による太平洋横断

1件 の用語解説(熱気球による太平洋横断の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

熱気球による太平洋横断

91年1月、リチャードブランソン氏、パー・リンドストランド氏の英国隊が、宮崎県からカナダまでの7672キロの横断に成功。神田さんは04年1月、世界7大陸最高峰登頂経験のある大学院生石川直樹さんと挑戦したが、太平洋上に不時着し失敗した。今回は気象条件の整った1、2月、高度約8千メートルのジェット気流に乗り、単独で約60時間で8千〜9千キロメートル離れた北米大陸を目指す計画だ。

(2008-01-26 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱気球による太平洋横断の関連キーワードランチャーブランド関係チャートリチャードリチャードジノリエバンスプリチャードリチャードMニクソンリチャードソン効果リチャードソン‐ダッシュマンの式リチャードソンの拡散法則リチャードソン方程式

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熱気球による太平洋横断の関連情報