コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱海市の物価

1件 の用語解説(熱海市の物価の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

熱海市の物価

市民が市外に買い物に出る理由のひとつだとされるのは、物価の高さ。市観光商工課によると、市消費生活モニターによる8月の主要生活物資16品目の価格結果は県平均を100とすると、熱海は111・5。米、食用油、牛乳、タマゴなど15品目が県平均より高く、安いのは豚肉だけ。とくにガソリンレギュラー1リットル150円と、県平均より8円も高い。

(2006-09-02 朝日新聞 朝刊 伊豆岳南 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱海市の物価の関連キーワード売り言葉に買い言葉市外市民戦争何一つ一つ紋理由の原理差し出づ充足理由の原理一つ買い町着

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone