コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)

1件 の用語解説(燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)

航空会社が、ジェット燃料市況の変動にあわせて、国際線の本体運賃に上乗せして徴収する料金。燃料費の増加分を運賃に確実に転嫁する狙いで、日本では01年に貨物、05年から旅客に導入した。座席のクラスなどにかかわらず、路線ごとに金額は一律。遠距離になるほど高く、日本―欧州の往復だと現在は1人4万円。国内大手は3カ月ごとに改定している。

(2008-04-30 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)の関連キーワード航空燃料ジェットジェットエンジンジェット燃料ジェットラグジェットルートバジェット運賃国際航空運賃と燃油特別付加運賃

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)の関連情報