コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)

1件 の用語解説(燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)

航空会社の努力では吸収できない燃料費の一部を正規運賃と別に利用者に負担させる制度。国際線の正規運賃は国際航空運送協会(IATA)の加盟各社の協議で決まるが、米同時多発テロや中東の政情不安に伴う近年の原油価格の急変動に対応できなくなったため、01年に導入が認められた。日本の2社は、シンガポール市況価格の3カ月平均が1バレル45ドルを下回れば廃止するとしているが、12月現在、価格は1バレル105ドル前後となっている。

(2007-12-21 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の関連キーワードサーチャージアメリカン航空機内食コードシェアTCD燃油サーチャージ国際航空運賃と燃油特別付加運賃電気料金のしくみ航空会社のマイレージサービス国際航空連合(アライアンス)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の関連情報