コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃焼方程式(核燃料) burn-up equation

1件 の用語解説(燃焼方程式(核燃料)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

燃焼方程式【burn-up equation】

核燃料物質を構成する元素の同位体組成の,燃焼に伴う時間的変化を記述する方程式

時刻 t においての原子炉の熱出力で規格化されたエネルギー E の中性子束が ψ(rtE)で表されるような点における同位体 i の原子数密度 Nirt)は次式で表現できる.

また,核分裂によって生成される核分裂片の原子数密度 NFPrt)の増加は次の式で表現できる.

この二つの式を合わせて燃焼方程式という.ここで使われている記号の意味は次の通りである.σa:吸収断面積,σc:捕獲断面積,σf:核分裂断面積,λ:壊変定数,λj:同位体 i から同位体 j への壊変定数である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燃焼方程式(核燃料)の関連キーワードトレーサー同位体質量数同位体効果放射性同位体ラジオアイソトープ体組成標準平均海水ウォッシュバーンの式元素の質量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone