燕子花色(読み)かきつばたいろ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 燕子花の花の色。紫に青みを帯びたもの。かきつばた。
※長元八年関白左大臣頼通歌合(1035)「雑色源頼実執地敷三重杜若色浮線綾、以象眼為裏、重其上縫葦手、其裏以銀鏤文」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android