燕子花色(読み)かきつばたいろ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 燕子花の花の色。紫に青みを帯びたもの。かきつばた。
※長元八年関白左大臣頼通歌合(1035)「雑色源頼実執地敷三重杜若色浮線綾、以象眼為裏、重其上縫葦手、其裏以銀鏤文」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android