コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燻し染め・燻し染 いぶしぞめ

大辞林 第三版の解説

いぶしぞめ【燻し染め・燻し染】

革の染色法の一。松の根・藁わらなどで革をいぶして焦げ茶・黄・ねずみ色に染める方法。近世では印伝いんでんの技法の一つとなった。古く燻革ふすべがわの名で知られる。天平革も同様。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

燻し染め・燻し染の関連キーワード天平革焦げ茶

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android