コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片倉 衷 カタクラ タダシ

20世紀日本人名事典の解説

片倉 衷
カタクラ タダシ

昭和期の陸軍少将 関東軍参謀。



生年
明治31(1898)年5月18日

没年
平成3(1991)年7月23日

出身地
福島県

学歴〔年〕
陸士〔大正8年〕卒,陸大〔昭和3年〕卒

経歴
昭和5年関東軍参謀部付となり、6年の満州事変では大尉で「満州事変機密政略日誌」を執筆、関東軍の軍事行動の詳細な記録となった。9年少佐に進級、対満事務局、第12師団参謀、軍務局課員などを歴任。11年の2.26事件では統制派の有力メンバーとして皇道派から攻撃され、陸相官邸で磯部浅一に拳銃で撃たれ負傷した。12年再び関東軍参謀となり、太平洋戦争時には関東防衛軍、第15軍、18年ビルマ方面軍参謀、19年下志津飛行師団長となり、同年少将。20年には第202師団長として高崎で終戦を迎えた。著書に「戦陣随録」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

片倉 衷 (かたくら ただし)

生年月日:1898年5月18日
昭和時代の陸軍軍人。少将
1991年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

片倉 衷の関連キーワード士官学校事件繊維産業製糸業満州国

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android