片倉兼太郎(3代)(読み)かたくら かねたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片倉兼太郎(3代) かたくら-かねたろう

1884-1947 大正-昭和時代の実業家。
明治17年9月20日生まれ。2代片倉兼太郎の長男。片倉組にはいり,大正9年片倉製糸紡績の取締役となる。昭和9年3代を襲名,10年会長に就任。ほかに八十二銀行頭取,全国製糸業組合連合会会長などを歴任貴族院議員。昭和22年1月15日死去。64歳。長野県出身。諏訪(すわ)実科中学中退。名は脩一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android