コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片切彫り・片切彫 かたぎりぼり

大辞林 第三版の解説

かたぎりぼり【片切彫り・片切彫】

彫金法の一。金属面に絵模様を表すのに、線の片側を面に垂直に彫り、他の片側を斜めに彫るもの。横谷宗珉の創始。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

片切彫り・片切彫の関連キーワード創始片側

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android