片山 敏彦(読み)カタヤマ トシヒコ

20世紀日本人名事典の解説

片山 敏彦
カタヤマ トシヒコ

昭和期の詩人,評論家,ドイツ文学者



生年
明治31(1898)年11月5日

没年
昭和36(1961)年10月11日

出生地
高知県高知市

学歴〔年〕
東京帝大文学部独文科〔大正13年〕卒

経歴
法政大学予科教授となり、昭和4年渡欧、フランス、ドイツで文学者たちと交わる。7〜20年旧制一高、法政大学教授。22年東京大学文学部で「独仏文学の交流」を講じた後、著作と翻訳に専念、詩人、独・仏文学者として活躍した。とくにロマン・ロランの紹介で知られ、大正15年にはロマン・ロラン友の会を設立、会長となる。また文化論、芸術論なども執筆した。詩集に「朝の林」「片山敏彦詩集」「詩心の風光」、評伝に「ロマン・ロラン」、訳書に「カロッサ詩集」など。「片山敏彦著作集」(みすず書房 全10巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

片山 敏彦 (かたやま としひこ)

生年月日:1898年11月5日
昭和時代の詩人;評論家;ドイツ文学者。法政大学教授
1961年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android