片山 博通(読み)カタヤマ ヒロミチ

20世紀日本人名事典の解説

片山 博通
カタヤマ ヒロミチ

昭和期の能楽師(観世流シテ方)



生年
明治40(1907)年12月22日

没年
昭和38(1963)年3月10日

出生地
京都

別名
幼名=寿雄,前名=片山 九郎右衛門(8代目)(カタヤマ クロウエモン)

学歴〔年〕
暁星中〔大正14年〕卒

経歴
片山九郎三郎(後の観世元義)の二男。明治44年「猩々」の仕舞で初舞台。大正2年博通と改名、「合浦」の半能で初シテ。学業と病気のため一時離れたが、昭和3年雑誌「観世」を創刊、5年舞台復帰、19年九郎右衛門を襲名した。33年京都観世会館を建設、名を博通に戻した。新作能、新作狂言「世阿望憶」「二人女房」などを創作すると共に新様式演劇の企画、演出を手がけ、マスコミによる能の普及に努めた。著書に「幽花亭随筆」「真の花」「芸道一路」「観世家伝来能面集」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

片山 博通
カタヤマ ヒロミチ


職業
能楽師(観世流シテ方)

本名
片山 寿雄(カタヤマ トシオ)

別名
前名=片山 九郎右衛門(8代目)(カタヤマ クロウエモン)

生年月日
明治40年 12月22日

出生地
京都府 京都市

学歴
暁星中〔大正14年〕卒

経歴
片山九郎三郎(後の観世元義)の三男。明治44年「猩々」の仕舞で初舞台。大正2年博通と改名、「合浦」の半能で初シテ。学業と病気のため一時離れたが、昭和3年雑誌「観世」を創刊、5年舞台復帰。19年家名の8代目九郎右衛門を襲名した。33年京都観世会館を建設、名を博通に戻した。新作能、新作狂言「世阿望憶」「二人女房」などを創作すると共に新様式演劇の企画、演出を手がけ、マスコミによる能の普及に努めた。著書に「幽花亭随筆」「真の花」「芸道一路」「観世家伝来能面集」などがある。

没年月日
昭和38年 3月10日 (1963年)

家族
父=観世 元義,妻=井上 愛子(4代目八千代 京舞),長男=片山 幽雪(9代目九郎右衛門),二男=片山 慶次郎(能楽師),三男=杉浦 元三郎(能楽師),孫=井上 八千代(5代目 京舞井上流5代目家元),片山 清司(能楽師)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

片山 博通 (かたやま ひろみち)

生年月日:1907年12月22日
昭和時代の能楽師(観世流シテ方)
1963年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android