コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片岡仁左衛門(初代) かたおか にざえもん

2件 の用語解説(片岡仁左衛門(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片岡仁左衛門(初代) かたおか-にざえもん

1656-1715 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
明暦2年生まれ。はじめ藤川伊三郎と称し,三味線をひく。のち山下半左衛門の門にはいり,元禄(げんろく)9年(1696)大坂岩井半四郎座の座頭となり,座本もつとめた。石川五右衛門,宿無団七などが当たり役で,敵役の随一といわれる。晩年は立役(たちやく)となり,実事(じつごと)を得意とした。正徳(しょうとく)5年11月1日死去。60歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

片岡仁左衛門(初代)

没年:正徳5.11.1(1715.11.26)
生年:明暦2(1656)
元禄期に上方で活躍した歌舞伎役者。片岡家の祖。はじめ三味線弾きだったが,のち山下京右衛門(当時は半左衛門)の門に入り,元禄9(1696)年大坂岩井半四郎の座頭となる。敵役を本領とし「敵役の随一」といわれたが,晩年は実事を得意とした。京坂で座本を勤めた。没月日は11月2日ともいう。

(今西晶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片岡仁左衛門(初代)の関連キーワード常行賀古養節狩野梅雲左近伊兵衛佐野直行清水如水蝶左坊服部常春深尾訒亭松平義行

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone