コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片方・傍 かたえ

大辞林 第三版の解説

かたえ【片方・傍】

対になっているものの一方。かたほう。
物のすぐ横。傍ら。 「余が-なる椅子に腰掛け/あめりか物語 荷風
一部分。また、半分。 「むかし人も-は変らで侍りければ/源氏 玉鬘
傍らにいる人。また、仲間・同僚。 「腹ぎたなき-の教へおこするぞかし/源氏 賢木
(「は」を伴って副詞的に用いられる)一方では。あるいは。一面。 「 -は、思ひなしか、折からか/源氏 蜻蛉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

片方・傍の関連キーワード源氏

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android