コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片桐宗猿

美術人名辞典の解説

片桐宗猿

江戸後期の石州流茶道の茶匠。名は靭負、宗猿は号、別号に四国庵。片桐石州の長男片桐(下条)信隆の創した石州流の別派を継承する。画・陶技に長じ好んで猿を描き、また茶器も製作した。元治元年(1864)歿、90才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

片桐宗猿の関連キーワード一瓢庵関里(6代)

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android