牙儈・牙婆・数間・仲(読み)すあい

大辞林 第三版の解説

すあい【牙儈・牙婆・数間・仲】

〔「牙婆」 「数間」 「仲」とも書く〕
物品売買の仲介を業とする者。また、その仲介料。才取さいとり。すわい。 「商人あきんどの-をとるとは武士の風上にもおかぬやつ/浮世草子・諸道聴耳世間猿」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android