コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛の竹篦・牛の竹箆 うしのしっぺい

大辞林 第三版の解説

うしのしっぺい【牛の竹篦・牛の竹箆】

イネ科の多年草。湿地に生える。茎は高さ約70センチメートルに達し、扁平でかたい。葉は線形。晩夏に枝頂や葉腋ようえきに円柱形の花穂をつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android