コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛持子 うしもつご

大辞林 第三版の解説

うしもつご【牛持子】

コイ目の淡水魚。全長6~7センチメートルで体は淡黄褐色。稚魚期には体側に黒色帯を有するが、幼魚期以降は完全に消失。口ひげはない。濃尾平野などに分布。生息に適した深みのある池などが減少し、天然ではほぼ絶滅状態にある。ケンカモロコ。ウシモロコ。ウシ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

牛持子の関連キーワード濃尾平野淡水魚口ひげ消失体側分布

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android