コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛海綿状脳症(BSE)の発生状況

1件 の用語解説(牛海綿状脳症(BSE)の発生状況の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

牛海綿状脳症(BSE)の発生状況

英国を中心に世界各地に広がり、日本は2001年、米国は03年に初めて感染牛が確認された。世界では1992年の3万7千頭がピークで、04年には1千頭を切り、12年は12頭。国内ではこれまでに36頭が見つかったが、03年以降に生まれた牛では確認されていない。

(2013-01-29 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牛海綿状脳症(BSE)の発生状況の関連キーワードパンパスセーブ・ザ・チルドレン陸稲ソールズベリ猶太セント・パトリックスデー英国の暴動遺伝子検査ビジネスリビアのユダヤ人グリーンウェイブ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone