コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牡蠣船・牡蛎船 かきぶね

大辞林 第三版の解説

かきぶね【牡蠣船・牡蛎船】

牡蠣をとる船。また、牡蠣を売る船。
江戸時代、冬に広島方面から大坂へ乗り入れて、川筋のあちこちの橋の下に停泊し、牡蠣料理を食べさせたのに始まる屋形船。現在も大阪や広島に見られる。 [季] 冬。 《 -の薄暗くなり船過ぐる /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android