コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牢籠・牢篭 ろうろう

大辞林 第三版の解説

ろうろう【牢籠・牢篭】

引きこもること。人前に出ないこと。 〔日葡〕
思い通りの行動がとれないこと。行き詰まること。 「胸つぶれて、かかる折の-なからずば、え参るまじく/源氏 若菜下
苦境に立つこと。追いつめられて悩むこと。 「伯父甥共に-の身と罷りなる間/太平記 33
相手を自分の術中に引き込むこと。籠絡すること。 「三界を-し、四生を綿絡して同じく愛獄を脱して/性霊集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

牢籠・牢篭の関連キーワード太平記四生

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android